「極度額」の読み方と意味とは?「きょくどがく」と「げんどがく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「極度額」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「極度額」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「極度額」の正しい読み方は「きょくどがく」と「げんどがく」どちら

「極度額」の読み方として予測できるものに、「きょくどがく」「げんどがく」があります。

「きょくどがく」「げんどがく」の二つの読み方のうち、「極度額」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「極度額」の正しい読み方の結論は、「きょくどがく」が正しい読み方になります。

「極度額」の名詞に使われている「極度」という言葉の読み方は「きょくど」であり、「げんど」と読むことはできません。

「げんどがく」と読むことができる漢字表記は「限度額」であり、借金の借り入れなどの用語としては「極度額」とほぼ同じ意味を持っているので混同されやすいのです。

「極度額」「げんどがく」と読むのは「ごどく」になります。

「極度額」の意味

「極度額」の意味は、「融資や借金などの契約において、その人が利用することができる上限金額」のことを意味しています。

「極度額」というのは「ローン(融資)・借入などの当該契約においてある条件を満たせば借りられる上限金額」を指すので、実際の「利用限度額」「極度額」にズレが生じることもあります。

「極度額」の言葉の使い方や使われ方

「極度額」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『銀行のカードローンの極度額は300万円でしたが、私にはクレヒスや預貯金が十分にないのでそこまでは借りられませんでした』
・『極度額を増やすためには、その金融機関におけるあなたの信用力をアップさせる必要があります』
・『極度額まで消費者ローンで借り入れをすると、金利が高いので返済に相当な苦労をすることになります』

まとめ

この記事では、「極度額」の正しい読み方「きょくどがく」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「極度額」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました