「極秘」の読み方と意味とは?「ごくひ」と「きょうひ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「極秘」の読み方と意味とは? 読み方

「極秘」は重要な情報に関連して使われる言葉です。

具体的にはどういった意味があり正しい読み方は何なのでしょうか。

今回は、「極秘」の正しい読み方と意味について解説します。

「極秘」の正しい読み方は「ごくひ」と「きょうひ」どちら

「極秘」という言葉の読み方を漢字の読みから推測すると「ごくひ」「きょうひ」の2つに候補が絞られます。

「ごくひ」「きょうひ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「極秘」の正しい読み方は「ごくひ」です。

「極」には「極上」【ごくじょう】「至極」【しごく】など「ごく」という読み方と、「極地」【きょくち】「対極」【たいきょく】など「きょく」という読み方があります。

「秘」「秘宝」【ひほう】「秘伝」【ひでん】など「ひ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせるとできる「ごくひ」「きょうひ」のうち「極秘」の正しい読み方は「ごくひ」です。

「極秘」の意味

「極秘」とは、「極めて重要な秘密」を意味する言葉です。

外部に公開せず隠しておくことを「秘密」といいます。

秘密には個人的なものから国家規模のものまでさまざまな種類があり内容や程度によって重大さも分かれます。

秘密の中でも極めて重要で厳重に隠されているものを指す言葉が「極秘」です。

公開されると会社の存続に関わったり人生に重大な支障をきたしたりするような極めて重く絶対に隠しておかなければならない秘密が「極秘」に当たります。

「極秘」の言葉の使い方や使われ方

・『極秘書類を金庫にしまう』
・『プロジェクトは極秘裏に進められた』
・『極秘の情報なので絶対に話してはいけない』

まとめ

「極秘」の読み方は「ごくひ」が正しく「きょうひ」と読むことはありません。

扱い次第では大きなトラブルになりかねないので関わる時は慎重に取り扱いましょう。

タイトルとURLをコピーしました