「機微」の読み方と意味とは?「きび」と「きびん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「機微」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「機微」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「機微」の正しい読み方は「きび」と「きびん」どちら

「機微」の読み方として推測できるものに、「きび」「きびん」があります。

「きび」「きびん」の二つの読み方のうち、「機微」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「機微」の正しい読み方の結論は、「きび」が正しい読み方になります。

「機微」の言葉で使用されている「微」という漢字の音読みは「ビ・ミ」、訓読みは「かすか」です。

「機微」「微」という漢字は「ビン」という音読みをすることはできません。

そのため、「機微」「きびん」と読むのは明らかな誤読として判断できるのです。

「きびん」と読める漢字表記は、「機微」ではなく「機敏」になります。

「機微」の意味

「機微」の意味は、「パッと見では知覚(理解)することのできない微妙なニュアンス」を意味しています。

「機微」というのは、「かすかに(微妙に)感じ取ることができるおもむき・感覚・背景事情」といった意味合いを持っている言葉なのです。

「機微」の言葉の使い方や使われ方

「機微」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『彼女の持っている魅力的な人間性の機微は、ある程度長く付き合わないと気づくことができません』
・『文学研究の機微を知るためには、まずは時代や作家を問わずにできるだけ多くの本を丁寧に読み込む必要があります』
・『今は経済的な成功者になって浮かれているように見える彼ですが、実際は繊細な感受性の機微を持っています』

まとめ

この記事では、「機微」の正しい読み方「きび」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「機微」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました