「次段」の読み方と意味とは?「じだん」と「つぎだん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「次段」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「次段」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「次段」の正しい読み方は「じだん」と「つぎだん」どちら

「次段」の読み方として予想できるものに、「じだん」「つぎだん」があります。

「じだん」「つぎだん」の二つの読み方のうち、「次段」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「次段」の正しい読み方の結論は、「じだん」が正しい読み方になります。

「次段」の名詞に使われている「次」という漢字の音読みは「ジ・シ」で、訓読みは「つぎ」です。

ただし「次段」の言葉における読み方では音読みの「ジ」が採用されて、「訓読み」「つぎ」で読まれることはありません。

そのため、「次段」の言葉を「つぎだん」と読むのは明らかな読み間違えとなります。

また、「つぎだん」という日本語の名詞は実際には存在しない言葉なのです。

「次段」の意味

「次段」の意味は、「次の段階・次のステップ」を意味しています。

「次段」は電気工学・電気回路に関連する用語として使われることの多い言葉です。

「次段」の電気工学的な用語としての意味は、「ある回路がある場合に、その次につなげる回路(主に増幅器など)」になります。

「次段」の言葉の使い方や使われ方

「次段」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『起業して年商一億円という初期の目標は達成したのですが、次段のビジネスモデルや営業規模をどうすべきかについて悩んでいます』
・『次段の演算回路をどのようにつなげるかによって、システム全体の出力が大きく変わってきます』
・『電気回路を組み立てるときの専門的な用語として次段という言い回しが使われることは多いのです』

まとめ

この記事では、「次段」の正しい読み方「じだん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「次段」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました