「武将」の読み方と意味とは?「ぶしょう」と「たけしょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「武将」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「武将」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「武将」の正しい読み方は「ぶしょう」と「たけしょう」どちら

「武将」「ぶしょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「武」の音読みは「ぶ・む」、訓読みは「たけ(し)・もののふ」「将」の音読みは「しょう」、訓お読みは「ひき(いる)・まさ(に)・はた」です。

「武将」と表記する場合「たけしょう」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「武将」の正しい読み方は「ぶしょう」です。

「たけしょう」とは読みません。

「武将」の意味

「武将」の意味は、「戦で他の侍を率いる長のこと」「戦で手柄を立てて認められた侍」のことです。

主に戦国時代に使われていた言葉で、武士として戦に出て手柄を立て、その功績を認められ、下に付いて働く武士を持つ軍勢の長を表します。

「武」「強く勇ましい」「軍事」「戦力」という意味、「将」「軍を統率する長」という意味、「武将」「強くて勇ましい群を統率する長のこと」になります。

なお、江戸時代以降は「大名」と呼ばれる様になりました。

「武将」の言葉の使い方や使われ方

「武将」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『戦国武将は次第に勢力を増して下剋上する様になった』
・『日本の武将の中で最も好きなのは織田信長だ』
・『戦国武将は強いだけではなくリーダーシップもあった』

まとめ

今回は「武将」の読み方について紹介しました。

「武将」の正しい読み方は「ぶしょう」で、「たけしょう」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました