「殺傷」の読み方と意味とは?「さっしょう」と「さつきず」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「殺傷」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「殺傷」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「殺傷」の正しい読み方は「さっしょう」と「さつきず」どちら

いくつかの読み方ができる漢字は、どう読んだらいいのか迷うことがあります。

では「殺傷」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「さっしょう」です。

「殺」は音読みで「サツ」「サイ」「セツ」、訓読みで「ころす」「そぐ」「そげる」「けずる」と読みます。

小学校5年生で習う漢字です。

「傷」は音読みで「ショウ」、訓読みで「きず」「いたむ」「いためる」「そこなう」と読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

普段「傷」「きず」と読むことが多いので、「殺傷」「さつきず」と読みたくなりますが、このように読むことはありません。

また、「さつきず」という言葉はありません。

「殺傷」の意味

人や動物などを殺したり傷つけたりすることという意味です。

「殺」はころす、ほろぼす、「傷」はきず、きずつける、きずつくという意味を持つ漢字です。

このことから「殺傷」には、殺すこと、傷つけることという意味があることがわかります。

殺したり傷つけたりする対象は人だけでなく、動物も含みます。

植物にも命がありますが、植物の生命を奪ったり、傷つけたりすることは、「殺傷」とはいいません。

魚についても、殺したり傷つけたりすることを「殺傷」とはあまりいいません。

「殺傷」の言葉の使い方や使われ方

・『殺傷能力がある』

まとめ

この言葉は「さっしょう」と読みます。

言葉は普段ニュースなどで耳にする機会が多いことでしょう。

意味は、人や動物を殺したり傷つけたりすることです。

タイトルとURLをコピーしました