「毛並」の読み方と意味とは?「けなみ」と「けへい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「毛並」の読み方と意味とは? 読み方

動物などの毛の生え具合を表す言葉には「毛並」があります。

この記事では、「毛並」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「毛並」の正しい読み方は「けなみ」と「けへい」どちら

「毛並」の正しい読み方は「けなみ」であり、「けへい」とは読みません。

この言葉に使われている「毛」は音読みで「もう」と読み、訓読みは「け」と読みます。

「並」は音読みで「へい」と読み、訓読みは「なみ」「並ぶ」「ならぶ」「並べる」「ならべる」と読みます。

正しい読み方の結論

「毛並」の正しい読み方は「けなみ」であり、「けへい」は間違いです。

「毛並」の意味

「毛並」とは毛の生え具合を表す言葉であり、主に動物に対して使います。

「毛並」は体毛に使うことが多く、動物の健康のために飼い主がしっかりとケアする必要があります。

人間には薄い体毛しかないことから「毛並」を使うことばありません。

「毛並」はこれ以外にも特定の種類や質、血統、家柄がいいことを示す時にも使うことが可能です。

「毛」を使った言葉は他にも「毛色」があり、こちらは人の髪の毛や動物の毛の色を表す意味と、物事の種類や性質を表す意味があります。

「毛並」の言葉の使い方や使われ方

・『毛並がツヤツヤの猫がおり、とても愛されていると感じました』
・『その馬は毛並がとてもよく、鍛えられているのでレースに勝つでしょう』
・『動物の毛並は見た目だけではなく、健康状態を調べるのにも役立ちます』

まとめ

「毛並」は主に動物の毛の生え具合を表す言葉であり、人間に対してはあまり使いません。

「毛並」のよさは見た目だけではなく、動物にとってストレスを軽減する効果があり健康を維持するために役立ちます。

タイトルとURLをコピーしました