「減収」の読み方と意味とは?「げんしゅう」と「げんおさ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「減収」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「減収」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「減収」の正しい読み方は「げんしゅう」と「げんおさ」どちら

減収の漢字を見た人の中には、げんおさという読み方をしてしまう人もいるものです。

確かに最初の減の漢字には、げんという読みがあるし、後ろの収の漢字も、収めるという言葉を見れば分かる様に、おさという読みがあります。

そのためそれら2つの読みを合体させて、減収を、げんおさと読んでしまうのです。

所が実際は、減収の漢字を、げんおさと読むのは間違いで、げんしゅうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

減収は、げんしゅうと読むべき言葉です。

そもそも減の漢字はそのまま、げんと読む事が出来る上に、収の漢字も、おさ以外に、しゅうという読みを普通に持っています。

だからこそその2つの漢字の読みを組み合わせる事で、減収を、げんしゅうと読む事が可能です。

「減収」の意味

減収は、へるやへらすといった意味がある減の漢字に、取り入れるやおさめるといった意味を持っている収の漢字を付け加える事によって完成した言葉となっています。

以上の事から減収は、収入や収穫量が減るという意味を示すのです。

「減収」の言葉の使い方や使われ方

・『長引く不況の影響で、うちの会社は減収減益となりました』
・『天候不順のせいで米作は例年よりも1割程、減収になったそうです』
・『農作物の減収分は、輸入でまかなう必要があります』

まとめ

減の漢字は、げんと読む事が出来るし、収の漢字も、おさと読む事が出来ます。

ですがその2つの漢字を合わせて、減収を、げんおさと読むのは誤りです。

減収は、げんおさではなく、げんしゅうと読むのが正解な言葉となっています。

そんな減収は、収穫量や収入が減る事を表現する言葉として、使われているのです。

タイトルとURLをコピーしました