「演劇」の読み方と意味とは?「えんげき」と「えんけき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「演劇」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「演劇」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「演劇」の正しい読み方は「えんげき」と「えんけき」どちら

観客の目の前で俳優が物語を演じてみせることを「演劇」【えんげき】といいます。

大学の演劇部では日々役者になりきる練習をしたり、流暢に台詞を話せるため発声練習して、文化祭やイベントなどで演技を披露するわけです。

芸術作品とも言われるほど演技は見る人を世界に引き込み、魅了する汗と涙を感じさせる感情的で白熱の演技が人気を集めます。

正しい読み方の結論

音読みで「演」「エン」と読み、「劇」「ゲキ」になるので、二つ合わせて「エンゲキ」と読むため「えんけき」とは言いません。

「演」「説く、のべる」「劇」「はげしい、めまぐるしい」という意味があるため、「激しく台詞を述べる」といった意味合いで使うわけです。

「演劇」の意味

物語に合わせて舞台を彩り、その上で俳優が情熱的に動きを合わせて台詞を発することを「演劇」といいます。

この総合芸術は、物語に合わせて照明で舞台に色を付けて夕日や海などの自然を表現したり、情熱的な感情を表すわけです。

場面の雰囲気を出すため音楽に拘り、見る人の感情を高めるため物が割れる、ぶつかる音などの音を出すことで臨場感を表すこともあります。

「演劇」の言葉の使い方や使われ方

・『立体の芸術を舞台の上で見せて楽しませるのが演劇である』
・『構図やカメラワークではなく、視線と耳で楽しむのが演劇だ』
・『演劇は文学的な台本から情熱的に演じるところに芸術性がある』

まとめ

芸術性を感じさせる舞台の演出と俳優の衣装、化粧、演技は芝居やドラマとはまた違い、人間味溢れる感情が楽しめるところが人気です。

いろいろな「演劇」がありますので、自分が興味を持つ俳優や内容に触れてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました