「潤滑油」の読み方と意味とは?「じゅんかつゆ」と「じゅんかつあぶら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「潤滑油」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「潤滑油」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「潤滑油」の正しい読み方は「じゅんかつゆ」と「じゅんかつあぶら」どちら

「潤滑油」「潤」は、音読みで「ジュン」、訓読みで「うるお(う)」「うるお(す)」などと読みます。

また「滑」は、音読みで「カツ」「コツ」、訓読みで「すべ(る)」「なめ(らか)」などとなります。

さらに「油」は、音読みで「ユ」「ユウ」、訓読みで「あぶら」と読むことができます。

「潤」「滑」「油」をすべて音読みで読むと、「じゅんかつゆ」になります。

一方、「潤」「滑」を音読み、「油」を訓読みにすると、「じゅんかつあぶら」と読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「潤滑油」「じゅんかつゆ」と読みます。

「潤滑油」「じゅんかつあぶら」ではなく、「じゅんかつゆ」と読むようにしましょう。

「潤滑油」の意味

「潤滑油」とは、機械の摩擦による発熱や摩耗を軽減、または防ぎ、潤滑に動かすための油のことを言います。

そこから、物事が滞りなく、円滑に行うための役割や、その役目の人のことを表すこともあります。

「潤滑油」「潤」は、「うるおう」「うるおい」などを意味しています。

また「滑」は、「なめらか」「すべる」などを表しています。

さらに「油」は、「あぶら」「燃えやすい液体」などの意味を持っています。

「潤滑油」の言葉の使い方や使われ方

・『潤滑油の一つに「エンジンオイル」があります』
・『「潤滑油」「機械油」と言われることもあります』
・『潤滑油には、冷却の効果もあります』

まとめ

「潤滑油」は漢字の意味から見ると、「滑らかに潤う油」と言うような意味合いになります。

「潤滑油」「じゅんかつゆ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました