「激化」の読み方と意味とは?「げきか」と「きょうか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「激化」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「激化」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「激化」の正しい読み方は「げきか」と「きょうか」のどちら

状況がひどく悪化することを「激化」【げきか】といいます。

景気がひどく悪くなったり、戦争が激しくなるといった状況を表せる言葉になるわけです。

このことで、店同士の販売競争が激しさを増す言い方もでき、いかに同じレベルの者が勝ち残るために争うかを表せます。

正しい読み方の結論

音読みで「激」「ゲキ」と読み、「化」「カ」といいます。

「激」「はげしい」という意味となり、「化」「ばかす」「姿を変える」となる言葉です。

もう一方の「きょうか」は、漢字で書くと「強化」に変換されますが、今の状態をより強く頑丈にするといった意味となるため、激しく様変わりする「激化」という意味とは異なります。

「激化」の意味

以前よりも状況が激しくなり、生き残るためには応戦して勝ち残る必要性がある状況のとき、いかに「激戦」を乗り越えなければならないか表すわけです。

今まではなんとか普通に生活が送れていた市民も、紛争が「激化」することでインフラが乱れ、ろくに食料もない大変な状況に追い込まれてしまうことがあります。

このように、穏やかではいられない困った状況になるという意味で使われている言葉です。

「激化」の言葉の使い方や使われ方

・『戦争が激化したため、多くの人々が国外に命からがら逃げた』
・『激化する論争に専門家の意見は拍車をかけることになった』
・『外出しない人が増えている昨今、旅行会社の客集めが激化する』

まとめ

今の状況が激しく変わるさまを表したり、競争や戦闘など人が争う行為がひどくなることを「激化」と言い表します。

自分なりにうまく言葉を使い、どの程度ひどいあり様なのか伝えてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました