「激変」の読み方と意味とは?「げきへん」と「きょうへん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「激変」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「激変」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「激変」の正しい読み方は「げきへん」と「きょうへん」どちら

激しく変わることを「激変」【げきへん】といいます。

今までの状態が急に変化して形を変えるといった状況を意味する言葉です。

使い方としては、「事態が変化する」と使えばその状況が変わり、悪い方向に進んだという場合に使われます。

「激変する環境」といえば、環境変化のために土地の形が変わったり、生態系が急激変わるさまを表すわけです。

正しい読み方の結論

音読みで「激」「ゲキ」といい、「変」「ヘン」と読みます。

「激」「はげしい」「勢いが強い」という意味があり、「変」「かわり」「移り変わる」といった意味合いがあるわけです。

もう一方の「きょうへん」を変換すると「凶変」となり、不吉な出来事という意味の漢字になってしまうので、急に変わるとの意味合いがある「激変」とは異なります。

「激変」の意味

今までの状況が大きく変わるさまを「激変」といい、川の流れや山の形、田園風景など環境が変わったことを意味する言葉です。

転職によって人生が大きく変わったり、髪形や眼鏡をとり、化粧の仕方で見た目が驚くほど美しくなって異性にモテるようになったときも「激変した」と使うわけです。

他にも「激変の時代」「激変したインフラ」など前よりもかなり変わった現状を表します。

「激変」の言葉の使い方や使われ方

・『激変する世界経済のために混乱する人々の暮らしを考える』
・『世界地図が激変する理由には、環境破壊が関係している』
・『巨漢の彼女が食事制限して、姿が激変したため彼氏を驚かせた』

まとめ

かなり大きく今までの状況が変わるといったとき、うまくその光景や状態が変化したことを伝えられるよう工夫し、自分なりに表現してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました