「激戦」の読み方と意味とは?「げきせん」と「きょうせん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「激戦」の読み方と意味とは? 読み方

戦いの様子を表す言葉として「激戦」という表現があります。

この言葉は具体的にどのような戦いを表すものでどう読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「激戦」の正しい読み方と意味について解説します。

「激戦」の正しい読み方は「げきせん」と「きょうせん」どちら

「激戦」という言葉の読み方としては「げきせん」「きょうせん」の2つが考えられます。

「げきせん」「きょうせん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「激戦」の正しい読み方は「げきせん」です。

「激」「激闘」【げきとう】「過激」【かげき】など「げき」と読み「戦」「戦闘」【せんとう】「対戦」【たいせん】など「せん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「げきせん」「きょうせん」のうち「激戦」の正しい読み方は「げきせん」です。

「激戦」の意味

「激戦」とは、「全ての者が力を絞り尽くすような激しい戦い」を指す言葉です。

戦いの様子や程度を表す言葉で、参加している皆が持てる力を振り絞り全てを出し尽くすかのような凄まじい戦いを表します。

戦う者同士の力が拮抗していてどちらかが圧倒的有利を得ることなく互角のまま消耗し続け勝敗がどちらに転ぶかわからないような限界ギリギリの戦いに対して用いる表現です。

戦闘や戦争など命をかけた戦いだけでなくスポーツの試合や選挙など最終的に勝敗で決着がつく争いごと全般に対して使います。

「激戦」の言葉の使い方や使われ方

・『ライバル同士で激戦を繰り広げる』
・『激戦を制したのは与党の新人候補だった』
・『激戦の末に日本代表が決勝戦に駒を進めた』

まとめ

「激戦」の正しい読み方は「げきせん」「きょうせん」は誤った読み方です。

スポーツニュースや選挙などさまざまな場面で使う表現なので憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました