「激痛」の読み方と意味とは?「げきつう」と「げきいた」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「激痛」の読み方と意味とは? 読み方

当記事では、「激痛」の読み方を明確な形で説明していきます。

「激痛」の正しい読み方は「げきつう」と「げきいた」どちら

激痛の漢字を見て、げきいたという読み方をしてしまう人が中にはいるものです。

確かに激の漢字は、激辛といった言葉を見れば分かる様に、げきという読みを持っているし、後ろの痛の漢字も、痛いという言葉の様に、いたという読みがあります。

そのためこれら2つの漢字の読みを合わせて、激痛を、げきいたと読んでしまうのです。

所が激痛を、げきいたと読むのは間違いで、げきつうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

激痛は、げきつうと読むべき言葉です。

そもそも激の漢字は普通に、げきと読める上に、痛の漢字は、いた以外にも、つうと読む事も出来ます。

だからこそ激の漢字の、げき読みと、痛の漢字の、つう読みを合体させる事によって、激痛の漢字は、げきつうと読めるのです。

「激痛」の意味

激痛は、はげしいや勢い立たせるといった意味がある激の漢字に、いたみや悲しむといった意味を所有する痛の漢字を付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から激痛は、文字通り、激しい痛みという意味を示すのです。

「激痛」の言葉の使い方や使われ方

・『突然、頭に激痛が走った直後、私はそのまま意識を失ったのです』
・『膝の激痛に襲われ、彼はその場にうずくまりました』
・『現在、妊娠中の妻は、出産時に生じるであろう激痛に恐れを抱いています』

まとめ

激の漢字は、げきと読むし、痛の漢字は、いたと読む事が出来ます。

ですがその2つの漢字の読みを組み合わせて、激痛を、げきいたと読むのは誤りです。

激痛は、げきいたではなく、げきつうと読むのが正解な言葉となっています。

更にそんな激痛は、激しい痛みという意味を表す際に、使用される言葉です。

タイトルとURLをコピーしました