「激賛」の読み方と意味とは?「げきさん」と「きょうさん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「激賛」の読み方と意味とは? 読み方

「激賛」はとてもいい意味で使われる言葉ですが、具体的に何を表しどう読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「激賛」の正しい読み方と意味について解説します。

「激賛」の正しい読み方は「げきさん」と「きょうさん」どちら

「激賛」という言葉の読み方としては「げきさん」「きょうさん」の2つが考えられます。

「げきさん」「きょうさん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「激賛」の正しい読み方は「げきさん」です。

「激」「激震」【げきしん】「刺激」【しげき】など「げき」と読み「賛」「賛辞」【さんじ】「礼賛」【らいさん】など「さん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「げきさん」「きょうさん」のうち「激賛」の正しい読み方は「げきさん」です。

「激賛」の意味

「激賛」とは、「とても褒めること」を意味する言葉です。

「激賛」「激」は通常よりも程度が甚だしいことを表し「賛」は高く評価して褒めることを表します。

ただ褒めるのではなく通常とはかけ離れているほど非常に褒める様子を指す言葉が「激賛」です。

いいところもあれば悪いところもあるといったような褒め方ではなく、いい所ばかりを並べ手放しで褒めるような褒め方に対して用います。

我を忘れるように興奮したりそのような物事に出会った喜びで満ち溢れたりしているような、褒める言葉に感情が強く混じっている場合に使われる表現です。

「激賛」の言葉の使い方や使われ方

・『審査委員長に激賛される』
・『評論家が激賛した映画を見に行く』
・『斬新な作品に激賛の声が相次いだ』

まとめ

「激賛」の正しい読み方は「げきさん」「きょうさん」は誤った読み方です。

審査や評論に関係する言葉なので正しい読み方と意味を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました