「無欲」の読み方と意味とは?「むよく」と「なよく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「無欲」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「無欲」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「無欲」の正しい読み方は「むよく」と「なよく」どちら

まったく欲しいものが無い、やりたいことが見いだせないといった人の状態を「無欲」【むよく】といいます。

お洒落して恋人と高級なお肉が食べたいとか、有名人と同じかっこういい腕時計が欲しいといった欲が無いのです。

このような人は、お洒落するのが面倒、物はいらないといった考えをするわけです。

正しい読み方の結論

音読みで「無」「ム」といい、「欲」「ヨク」と読みます。

そして「無」「存在しない」「欲」「ほしがる」といった意味になります。

もう一つの「なよく」という読み方は一般的でなく、多くの人が「無欲」「むよく」といった読み方をする言葉です。

「無欲」の意味

家が欲しいだの、車に乗りたいと考えずに、普通に生きれればいいと欲望を持たない人を「無欲」といいます。

若い人なら恋愛がしたいとか、友人と面白い場所で遊びたいと思いますが、そのようなむさぼる心がなく、ただ毎日をやり過ごす人に欲が無い傾向が見られるのです。

この欲望が無い人は表情も冴えず、やる気が見られない行動ばかりするため周囲から敬遠されるでしょう。

「無欲」の言葉の使い方や使われ方

・『無欲な彼は会社と家を往復した生活を10年も送っている』
・『驚くほど無欲な兄は、人から貰った服ばかり着ている』
・『お金に無欲な友人は貯金などせず、その日暮らしの生活する』

まとめ

本当に欲がない人は見た目も気にせず、流行を勉強しない残念なところがあり、孤立しがちです。

そんな「無欲の人」が楽しい人間関係を築くには、少しでも欲を持った方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました