「片手」の読み方と意味とは?「かたて」と「へんしゅ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「片手」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「片手」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「片手」の正しい読み方は「かたて」と「へんしゅ」どちら

両手があるうち、片方の手を「片手」【かたて】といいます。

「片手で持つ」といえば両手ではなく、あえて片方の手で持ち、もう一方は人と手を繋いだり、ボタンを押すなどするためにあけておくわけです。

「片手を挙げる」ことで道路を走るタクシーを止めたり、自分が意見を述べたいと相手に伝えるための合図になります。

正しい読み方の結論

訓読みで「片」「カタ」と読み、「手」「テ」となるため、二つ掛け合わせると「かたて」になります。

「片」の意味は「かたよる」で、「手」「手首から先の部分」という意味合いになる言葉です。

もう一方の「へんしゅ」は漢字で書くと「変種」になってしまい、生物学上、異なる性質の変わり種という意味になってしまい、「片手」とは違う言葉になってしまうのです。

「片手」の意味

「片手でお洒落なバッグを持つ」ことで、見た目にも格好よくもてるようになりますし、軽い荷物であればわざわざ両手で持つ必要もなく、「片手」で小粋に持てば颯爽と歩けるでしょう。

「片手で目を隠す」は視力検査するときよく使われている方法になり、いかにいろいろな場面で片方の手が役に立つかを表せる言葉になります。

また、「片手」だけ軍手をはめて作業するなど、いろいろな使い方がある言葉です。

「片手」の言葉の使い方や使われ方

・『私は、自分の異なる意見を伝えるため片手を挙げた』
・『片手に手袋をはめて庭の雑草とりをしてきれいにした』

まとめ

「片手」だけでさまざまな行為ができると分かる言葉についてご紹介しました。

自分なりに、どのような使い方ができるか調べてみて、使ってみるのも楽しい使い方になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました