「独奏」の読み方と意味とは?「どくそう」と「どくかなで」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「独奏」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「独奏」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「独奏」の正しい読み方は「どくそう」と「どくかなで」どちら

「独奏」「独」は、音読みで「ドク」「トク」、訓読みで「ひと(り)」と読みます。

また「奏」は、音読みで「ソウ」、訓読みで「かな(でる)」「すす(める)」となります。

「独」「奏」を音読みにすると、「どくそう」と読むことができます。

一方、「奏」「かなで」と読む場合もありますが、「どくかなで」の読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「独奏」の正しい読み方は「どくそう」です。

「奏」「かなで」とも読めますが、「独奏」の場合は「そう」と読みます。

「独奏」「どくかなで」ではなく、「どくそう」と読むようにしましょう。

「独奏」の意味

「独奏」とは、演奏会などで、一人で楽器の演奏を行うことを言います。

「独奏」「独」は、「ひとり」「ひとりで」「独逸(ドイツ)の略」などを意味しています。

また「奏」は、「すすめる」「かなでる」「申し上げる」などを表しています。

そのため、「独奏」は漢字の意味から見ると、「一人で奏でる」と言う意味合いになります。

「独奏」の言葉の使い方や使われ方

・『この催しはピアノ独奏による演奏会です』
・『この音楽会はヴァイオリン独奏が、特に印象に残りました』
・『特にこの演奏の独奏パートは高く評価されました』

まとめ

「独奏」と関連した語としては、「ソロ」「独唱(どくしょう)」「合奏(がっそう)」「重奏(じゅうそう)」、あるいは「合唱(がっしょう)」などが挙げられます。

「独奏」「どくかなで」ではなく、「どくそう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました