「現存」の読み方と意味とは?「げんそん」と「げんぞん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「現存」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「現存」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「現存」の正しい読み方は「げんそん」と「げんぞん」どちら

読み方に迷いやすい言葉の一つに「現存」があります。

「現存」の読み方は「げんそん」「げんぞん」のどちらが正しいといえるのでしょうか。

正しい読み方の結論

「現存」「げんそん」と読みます。

また、漢字の「存」は音読みで「ソン」「ゾン」と読むことができ、「げんそん」「げんぞん」のどちらで読んでも間違いにはなりません。

「現存」の意味

「現存」の意味は「実際にある(いる)こと」「まさに目の前にある(いる)こと」です。

漢字の「現」「実際に」「目の前に」という意味を持ち、「存」「ある、いる」という意味を持ちます。

これらを組み合わせた「現存」「実際に存在している、今まさに目の前に存在している様子」を表しています。

「現存」は、人や事象が存在している様子を表現するにあたり「本当に実在している」「今もなお存在している」ことを強調するニュアンスを含みます。

「現存」の類語には、実際に存在することを意味する「実在」やはっきりと形を表すことを意味する「顕在」などがあります。

少しずつニュアンスが異なるので、状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

「現存」の言葉の使い方や使われ方

・『築100年古民家が建築時と変わらない状態で現存している』
・『その美術館には戦国武将が所有していた刀が現存している』
・『現存の状況から見て、その出土品は縄文時代のものと考えられる』

まとめ

「現存」は実際にいまある(いる)ことを意味する言葉です。

一般には「げんそん」と読みますが「げんぞん」と読むこともできます。

タイトルとURLをコピーしました