「生存」の読み方と意味とは?「せいぞん」と「なまそん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「生存」の読み方と意味とは? 読み方

「生存」は生物の命に関係する言葉です。

この言葉はどう読むのが正しく具体的に何を意味しているのでしょうか。

今回は、「生存」の正しい読み方と意味について解説します。

「生存」の正しい読み方は「せいぞん」と「なまそん」どちら

「生存」という言葉の読み方として考えられるのが「せいぞん」「なまそん」です。

「せいぞん」「なまそん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「生存」の正しい読み方は「せいぞん」です。

「生」には「生命」【せいめい】「人選」【じんせい】など「せい」という読み方と、「生傷」【なまきず】「半生」【はんなま】など「なま」という読み方があります。

「存」「存念」【ぞんねん】「一存」【いちぞん】など「ぞん」と読むほか、「存在」【そんざい】「存亡」【そんぼう】など「そん」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「せいぞん」「なまそん」になりますが、2つのうち「生存」の正しい読み方は「せいぞん」です。

「生存」の意味

「生存」とは、「生きた状態で生命が続いていること」を意味する言葉です。

命が長らえている様子を表す言葉で死んでいない状態の生物に対して用います。

生きてこの世に存在していることを意味し、生きていない状態を表す「死亡」の反対語に当たる言葉です。

命がある状態が「生存」なので危篤や虫の息など今にも死にそうな弱々しい状態であっても死亡が確認されない限りは「生存」しています。

「生存」の言葉の使い方や使われ方

・『地球には多くの生物が生存している』
・『事故現場から生存者が救出された』
・『生物が生存するには水が不可欠である』

まとめ

「生存」の正しい読み方は「せいぞん」「なまそん」とは読みません。

さまざまな場面で使われる広く知られた言葉なので正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました