「生醤油」の読み方と意味とは?「きじょうゆ」と「なまじょうゆ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「生醤油」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「生醤油」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「生醤油」の正しい読み方は「きじょうゆ」と「なまじょうゆ」どちら

生醤油の漢字表記を見て、きじょうゆと読む人もいれば、なまじょうゆと読む人もいるものです。

お陰でどちらの読み方が正しいのかで、迷ってしまう人もいたりします。

所が実際は、生醤油は、きじょうゆとなまじょうゆ、どちらの読み方も可能であり、正しい読み方となっているのです。

正しい読み方の結論

生醤油は、きじょうゆとなまじょうゆ、2つの読み方が可能な言葉となっています。

ただし最初の生の漢字は、きという読みも、なまという読みも出来るのですんなり理解可能です。

厄介なのが後ろの醤油の漢字であり、しょうゆとは読めますが、じょうゆと読む事は出来ません。

もっともこれは日本語の連濁と呼ばれる少し特殊な読み方によるもので、2文字以上の語が結び付いて1つの語を形成する際には、後ろの語の語頭の清音が、濁音に変化する事があるのです。

生醤油はそんな連濁により、きじょうゆとなまじょうゆと読む事が出来ます。

「生醤油」の意味

生醤油は、加熱したり殺菌処理していないという意味の生の漢字に、日本独自の調味料といった意味がある醤油の漢字を付け足す事で成立した言葉です。

だからこそ生醤油は、他の調味料を混ぜたり、加熱処理していない醤油を表します。

「生醤油」の言葉の使い方や使われ方

・『やはり刺身は生醤油で食べた方が美味しいです』
・『この醤油工場では、生醤油を生産しています』
・『生醤油は何時でも絞りたての様な味を楽しむ事が出来ます』

まとめ

生醤油の漢字を見た人の中には、きじょうゆと読むべきか、なまじょうゆと読むべきかで悩む人がいるものです。

ですが生醤油は、きじょうゆとなまじょうゆ、どちらの読み方も可能であり、正しい読み方となっています。

そんな生醤油は、他の調味料を混ぜたり熱を加えたりしていない醤油を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました