「略装」の読み方と意味とは?「りゃくそう」と「りゃくと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「略装」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「略装」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「略装」の正しい読み方は「りゃくそう」と「りゃくと」どちら

「略装」の読み方として想定できるものに、「りゃくそう」「りゃくと」があります。

「りゃくそう」「りゃくと」の二つの読み方のうち、「略装」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「略装」の正しい読み方の結論は、「りゃくそう」が正しい読み方になります。

「略装」という名詞で使われている「装」という漢字の訓読みは「よそおう・よそおい」、音読みは「そう」です。

ただし「略装」の名詞においては音読みの「そう」が使われて、「りゃくそう」と読まれます。

「装」の漢字には、「と」という音読みはそもそもありません。

そのため、「略装」「りゃくと」と読むのは明らかな誤読になるのです。

「略装」の意味

「略装」の意味は、「慣習・伝統・注意書きなどによって、正式に定められた服装ではない略式の服装」を意味しています。

「略装」というのは、「格式の高いセレモニーにも着ていける正式の服装と比べて、ある程度までカジュアルに崩された服装」を示している言葉なのです。

「略装」の言葉の使い方や使われ方

「略装」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『弊社をご訪問される際には、普段着のような略装で構いませんのでお気軽にお越しください』
・『結婚式に参加するのであれば、略装にするとしてもダークスーツくらいは着ていくべきです』
・『上流階級が集まるそのパーティーにはタキシードの正装の人たちが多く、略装だと逆に目立ちました』

まとめ

この記事では、「略装」の正しい読み方「りゃくそう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「略装」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました