「盛典」の読み方と意味とは?「せいてん」と「もりてん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「盛典」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「盛典」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「盛典」の正しい読み方は「せいてん」と「もりてん」どちら

「盛典」の読み方として推測できるものに、「せいてん」「もりてん」があります。

「せいてん」「もりてん」の二つの読み方のうち、「盛典」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「盛典」の正しい読み方の結論は、「せいてん」が正しい読み方になります。

「盛典」の名詞に使用されている「盛」という漢字の音読みは「セイ」で、訓読みは「もる・もり」です。

「盛典」の言葉においては音読みの「セイ」が使われ、「もり」と訓読みすることはありません。

そのため、「盛典」「もりてん」と読むのは明らかな誤読となるのです。

また、「もりてん」という日本語自体が実際には存在しません。

「盛典」の意味

「盛典」の意味は、「規模(参加人数)が大きかったり費用が多かったりする盛大な儀式・祭典」のことを意味しています。

「盛典」という言葉には、「参加人数の少ない小規模な儀式や地味でお金のかかっていない式典ではない」といった意味のニュアンスが備わっています。

「盛典」とほぼ同じ意味を持つ類語として「盛儀(せいぎ)」を挙げることができます。

「盛典」の言葉の使い方や使われ方

「盛典」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『私の従姉妹が挙げた結婚式は盛典と呼ぶのがふさわしい華やかな挙式でした』
・『現代では、派手にお金をかけて高級感を醸し出した盛典はあまり好まれない傾向があります』
・『来る11月に行われる母の十周期の法要は、大勢の親戚や知り合いを集める盛典にしたいと考えています』

まとめ

この記事では、「盛典」の正しい読み方「せいてん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「盛典」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました