「盛夏」の読み方と意味とは?「せいか」と「せいなつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「盛夏」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「盛夏」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「盛夏」の正しい読み方は「せいか」と「せいなつ」どちら

「盛夏」の読み方として想定できるものに、「せいか」「せいなつ」があります。

「せいか」「せいなつ」の二つの読み方のうち、「盛夏」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「盛夏」の正しい読み方の結論は、「せいか」が正しい読み方になります。

「せいか」の言葉に使われている「夏」という漢字の音読みは「カ」、訓読みは「なつ」です。

ただし「盛夏」の言葉における読み方は音読みの「カ」を採用して、「なつ」の訓読みで読むことはありません。

そのため、「盛夏」「せいなつ」と読むのは明らかな誤読と見なされるのです。

「せいなつ」という日本語の単語そのものも、実際には存在しないのです。

「盛夏」の意味

「盛夏」の意味は、「夏の季節において暑さが盛りの時期」を意味しています。

「盛夏」とは簡単に説明すれば、「真夏」を指している言葉なのです。

「盛夏」の言葉は、「真夏の文語的(書き言葉的)な表現」といった意味合いで解釈できるのです。

「盛夏」よりも該当する暑い夏の季節の期間が短いものに「盛暑(せいしょ)」という言葉もあります。

「盛夏」の言葉の使い方や使われ方

「盛夏」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『盛夏の候、ご家族の皆様もお変わりなくお元気に過ごされているでしょうか』
・『盛夏という言葉を見るのも嫌なくらい、40度近い連日の異常な猛暑が続いています』
・『観光地における盛夏の定番デザートといえば、カラフルなシロップの見た目も楽しめるかき氷です』

まとめ

この記事では、「盛夏」の正しい読み方「せいか」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「盛夏」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました