「盛運」の読み方と意味とは?「せいうん」と「もりうん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「盛運」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「盛運」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「盛運」の正しい読み方は「せいうん」と「もりうん」どちら

「盛運」の読み方として推測できるものに、「せいうん」「もりうん」があります。

「せいうん」「もりうん」の二つの読み方のうち、「盛運」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「盛運」の正しい読み方の結論は、「せいうん」が正しい読み方になります。

「せいうん」の言葉に使われている「盛」という漢字の音読みは「セイ」、訓読みは「もる・さかる・さかり」です。

ただし「盛運」の名詞における読み方では音読みの「セイ」を採用して、訓読みの「もり」で読むことはありません。

そのため、「盛運」「もりうん」と読むのは明らかな誤読となります。

また「もりうん」という日本語の名詞そのものも、国語辞典の項目にはありません。

「盛運」の意味

「盛運」の意味は、「自分の運命や事象の動きが、これからより繁栄する方向に向かっているさま」を意味しています。

「盛運」という言葉は、「今よりも成功したり豊かになったりする良い方向に向かう運勢・運命」を指し示しているのです。

「盛運」と反対の意味を持つ対義語は「衰運」になります。

「盛運」の言葉の使い方や使われ方

「盛運」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『始皇帝亡き後の古代中国では項羽と劉邦が覇権を争いましたが、盛運が味方したのは漢を建国した劉邦でした』
・『盛運がいつまでも続くわけではないことは、今までの人類と王朝の盛者必衰の歴史が証明しています』
・『ここが正に、盛運と衰運が分かれてくる勝負どころになります』

まとめ

この記事では、「盛運」の正しい読み方「せいうん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「盛運」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました