「直系」の読み方と意味とは?「ちょっけい」と「なおけい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「直系」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「直系」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「直系」の正しい読み方は「ちょっけい」と「なおけい」どちら

「直系」の読み方として想定されるものに、「ちょっけい」「なおけい」があります。

「ちょっけい」「なおけい」の二つの読み方のうち、「直系」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「直系」の正しい読み方の結論は、「ちょっけい」が正しい読み方になります。

「直系」の言葉で使われている「直」の読み方は音読みで「チョク・チョッ(促音便の読み)」、訓読みで「なお」になります。

ただし「直系」の言葉においては音読みの「チョッ」の促音便化した読み方が採用されます。

そのため、「直系」「なおけい」と読むのは明らかな誤読なのです。

また、「なおけい」という日本語の言葉自体が存在しません。

「直系」の意味

「直系」の意味は、「血筋が過去の先祖・父祖の代から子孫へと一直線でつながっているさま」を意味しています。

「直系」は一般的には、「父親の父系の血筋がつながっていること」を示唆しています。

「直系」の別の意味として、「他の人を介在させずに師弟関係が直接のつながりを持っているさま」もあります。

「直系」の言葉の使い方や使われ方

「直系」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『直系男子の子孫が家督や財産を継承すべきという古い習慣・価値観は今も根強く残っています』
・『直系という言葉は現代でもよく使われますが、その対義語である傍流(ぼうりゅう)は普段見かけることが減っています』
・『直系の一番弟子だった人物が亡くなったため、茶道の家元の後継者を巡る争いが激化しました』

まとめ

この記事では、「直系」の正しい読み方「ちょっけい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「直系」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました