「相容れない」の読み方と意味とは?「あいいれない」と「そうようれない」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「相容れない」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「相容れない」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「相容れない」の正しい読み方は「あいいれない」と「そうようれない」どちら

「相」という漢字は訓読みでは「あい」「さが」「相(たす)ける」と読み、音読みでは「そう」「しょう」と読みます。

そして、「容」という漢字は訓読みでは「かたち」「容(い)れる」「容(ゆる)す」と読み、音読みでは「よう」と読みます。

「相容れない」の場合、「相」「容」それぞれに訓読みを当て、「あいいれない」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「相容れない」の正しい読み方は「あいいれない」になります。

「相容れない」の意味

「相容れない」とは、「互いの主張や立場が相反していて両立しない」という意味を表す言葉です。

「相容れない」の類義語には「食い違い(くいちがい)」「背反(はいはん)」「矛盾(むじゅん)」「不一致(ふいっち)」「ミスマッチ」などがあります。

「相」「みる」「うらなう」「姿」「有り様」「互いに」「助け」という意味が含まれる漢字です。

そして、「容」「いれる」「おさめる」「姿」「形」「様子」という意味が含まれる漢字になります。

「相容れない」の言葉の使い方や使われ方

・『親とは子供の頃から反りが合わず、大人になった今でも相容れない関係である』
・『この2国はこれまでの歴史や地政学的観点から、相容れない関係にあると言える』
・『どちらかが譲歩するまで、お互いの主張は決して相容れることはないだろう』

まとめ

「相容れない」の正しい読み方は「あいいれない」であり、「相容れない」「互いの主張や立場が相反していて両立しない」という意味を表す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました