「相性」の読み方と意味とは?「あいしょう」と「あいさが」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「相性」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「相性」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「相性」の正しい読み方は「あいしょう」と「あいさが」どちら

「相性」「相」は、音読みで「ソウ」「ショウ」、訓読みで「あい」「さが」「ありさま」「たす(ける)」と読みます。

また「性」は、音読みで「セイ」「ショウ」、訓読みで「さが」「たち」となります。

「相」を訓読み、「性」を音読みにすると、「あいしょう」と読むことができます。

一方、「相」「性」を訓読みにすると、「あいさが」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「相性」の正しい読み方は「あいしょう」です。

「性」「さが」とも読めますが、「相性」の場合は「しょう」と読みます。

「相性」「あいさが」ではなく、「あいしょう」と読むようにしましょう。

「相性」の意味

「相性」とは、人同士や、人と物、または物同士などの関係が、しっくりくるかどうかのことを言います。

「相性」「相」は、「あい」「互いに」「ようす」などを意味しています。

また「性」は、「さが」「たち」「本性」などを表しています。

そのため、「相性」は漢字の意味から見ると、「互いの本性」「互いの性質」と言うような意味合いになります。

「相性」の言葉の使い方や使われ方

・『どうやら私は彼とは相性が良くないらしい』
・『二人の相性を占ってもらう』
・『自分と相性が良い人と出会いたい』

まとめ

「相性」と関連した語としては、「合性(あいしょう)」「合い性」「マッチング」「適合性(てきごうせい)」、あるいは「互換性(ごかんせい)」などが挙げられます。

「相性」「あいさが」ではなく、「あいしょう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

言葉の読み方や意味を知り、適切に使っていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました