「県警」の読み方と意味とは?「けんけい」と「けんきょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「県警」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「県警」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「県警」の正しい読み方は「けんけい」と「けんきょう」どちら

「県警」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「県」の漢字の音読みは「ケン」で、訓読みは「あがた」です。

また、「警」の漢字の音読みは「ケイ・キョウ」で、訓読みは「いまし(める)」です。

「警」の漢字の音読みの「キョウ」は常用漢字外の読み方で、知る人は少ないかも知れませんが、この読みもあるのです。

従って、ここから二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「けんけい」「けんきょう」のいずれとも読むことが可能なのです。

しかし、いずれが正しいかを判断することは、この分析では出来ません。

さて、「県警」の正しい読み方は「けんけい」「けんきょう」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「県警」の正しい読み方は「けんけい」で、「けんきょう」と読むのは間違いです。

先に記した通り、「警」の漢字の音読みに「キョウ」があることを知る人は少なく、またその意味から「けんきょう」と読み間違える人は少ないと考えられます。

「県警」の意味

「県警」とは、「県の警察」を意味する言葉です。

「県警」の言葉の使い方や使われ方

・『県警本部長が、頻発する管内の警察署での不祥事に対する謝罪会見を行いました』
・『日本の警察組織は、都道府県警を、中央官庁の警察庁が統括する形となっています』
・『日本の警察組織の欠点として、県警間の縄張り意識が指摘されることがあります』

まとめ

「県警」の正しい読み方は「けんけい」で、「けんきょう」と読むのは間違いです。

また、この「県警」とは、「県の警察」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました