「砂山」の読み方と意味とは?「すなやま」と「すなさん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「砂山」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「砂山」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「砂山」の正しい読み方は「すなやま」と「すなさん」どちら

「砂山」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「砂」の漢字の音読みは「サ・シャ」で、訓読みは「すな」です。

また、次の「山」の漢字の音読みは「サン」で、訓読みは「やま」です。

ここから、訓読み+訓読みで繋げれば、「すなやま」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「すなさん」と読める可能性があることも分かります。

しかし、どちらの読み方が正しいかは、ここから判断することは出来ません。

さて、「砂山」の正しい読み方は「すなやま」「すなさん」の、いずれなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「砂山」の正しい読み方は「すなやま」で、「すなさん」と読むのは間違いです。

この「砂山」の熟語では、少し特殊な湯桶読みではなく、一般的な訓読みを重ねた読み方の方が正しいと言うことになります。

また、熟語の読みは、個別の漢字の音読みを重ねた読み方が最も一般的ですが、この熟語では音読みを重ねた「ささん」や、それが連濁で音変化した「さざん」との読み方も間違いです。

「砂山」の意味

「砂山」とは、「砂が小高くなった場所、砂丘などのこと」を意味する言葉です。

「砂山」の言葉の使い方や使われ方

・『鳥取砂丘を初めて訪れた際に、事前にイメージしていた砂山とは全く違った規模で、むしろ砂漠の様に感じました』
・『子供達が公園の砂場で小さな砂山を作り、そこにトンネルの穴を開けようとしている姿を、ほほえましく眺めていました』

まとめ

「砂山」の正しい読み方は「すなやま」で、「すなさん」と読むのは間違いです。

また、この「砂山」とは、「砂が小高くなった場所、砂丘などのこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました