「磁極」の読み方と意味とは?「じきょく」と「じごく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「磁極」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「磁極」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「磁極」の正しい読み方は「じきょく」と「じごく」どちら

「磁極」の読み方として予測できるものに、「じきょく」「じごく」があります。

「じきょく」「じごく」の二つの読み方のうち、「磁極」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「磁極」の正しい読み方の結論は、「じきょく」が正しい読み方になります。

「磁極」の言葉に使われている「極」という漢字の音読みは「キョク・ゴク」、訓読みは「きわめる」です。

しかし「磁極」の言葉で採用される読み方は音読みの「キョク」で、「ゴク」という読み方をすることはありません。

そのため、「磁極」「じごく」と読むのは明らかな読み間違えとなります。

「じごく」と読める漢字表記は「地獄」になります。

「磁極」の意味

「磁極」の意味は、「鉄粉をもっとも強く引きつける磁石の両端・両極」のことを意味しています。

「磁極」というのは、「磁気力がもっとも強い部分・磁気の原動力となっているところ」を指している言葉です。

「磁極」は具体的には、「磁石・地球磁場におけるN極(正極)とS極(負極)」の意味となります。

「磁極」の言葉の使い方や使われ方

「磁極」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『棒磁石の磁極は一般的にN極とS極と呼ばれますが、このNとSは地磁気の方角に由来して北と南を意味しています』
・『磁極は一般的にプラスの極とマイナスの極が対になっていますが、近年の研究では磁器単極子の存在も議論されています』
・『磁極のN(プラス)とS(マイナス)の間にはお互いに引き合う引力が働きますが、同じ極同士だと反発する斥力に変わります』

まとめ

この記事では、「磁極」の正しい読み方「じきょく」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「磁極」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました