「私情」の読み方と意味とは?「しじょう」と「しせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私情」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私情」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私情」の正しい読み方は「しじょう」と「しせい」どちら

「私情」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「私」の漢字の音読みは「シ」で、訓読みは「わたくし・わたし」です。

また、「情」の漢字の音読みは「ジョウ・セイ」で、訓読みは「なさ(け)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「しじょう」とも「しせい」とも読めることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかを判断することは、この分析からは出来ません。

さて、「私情」の正しい読み方は「しじょう」「しせい」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

「私情」の正しい読み方は「しじょう」で、「しせい」と読むのは間違いです。

二つの音読みのいずれを使うのが正しいかの判断は非常に難しく、しっかり覚える以外、推察することも出来ません。

ちなみに、「情」の漢字を使う熟語は、音読みの「ジョウ」と読ませるのが圧倒的ですが、「セイ」やそれが連濁で変化した「ゼイ」と読ませる熟語としては、「風情(ふぜい)」等があります。

「私情」の意味

「私情」とは、「個人的な感情のこと、及び利己的な心のこと」を意味する言葉です。

「私情」の言葉の使い方や使われ方

・『部下間のもめごとを上司として判断し、適切な対応を取るためには、私情を挟んでは絶対にいけません』
・『何が正しいかによって行動するのではなく、自分の利益だけを考えての私情による行動はモラルに反します』

まとめ

「私情」の正しい読み方は「しじょう」で、「しせい」と読むのは間違いです。

また、この「私情」とは、「個人的な感情のこと、及び利己的な心のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました