「私服」の読み方と意味とは?「しふく」と「しぷく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私服」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私服」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私服」の正しい読み方は「しふく」と「しぷく」どちら

日常使う言葉でも、漢字で書くと読み方に迷うことがあります。

では「私服」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「しふく」です。

「私」は音読みで「シ」、訓読みで「わたし」「わたくし」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「ひそか」とも読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「服」は音読みで「フク」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「きもの」「きる」「したがう」「のむ」とも読みます。

小学校3年生で習う漢字です。

「服」「ぷく」と読むことはしないので、「私服」「しぷく」とは読みません。

また、「しぷく」という言葉はありません。

「私服」の意味

所属する団体などとは関係ない個人の服という意味です。

制服に対する、それぞれの人の服のことをいいます。

学校に着ていく服が決まっている、という高校は多いはずです。

この決められている服を制服といいます。

学校以外の場所では、それぞれの人が好きな服を着ていることでしょう。

このような制服とは関係ない、個人が着る服のことを「私服」といいます。

普段家できている服がこれにあたります。

家でリラックスしているときはジャージを着て、デートをするときにはおしゃれをしてなど、服装はそのときどきによってまったく違いますが、制服とは違う個人の服なら「私服」といいます。

「私服」の言葉の使い方や使われ方

・『私服が少ない』

まとめ

この言葉の正しい読み方は「しふく」です。

所属する団体などによって決められている服装とは関係ない、個人の服のことをいいます。

タイトルとURLをコピーしました