「私見」の読み方と意味とは?「しけん」と「しみ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私見」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私見」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私見」の正しい読み方は「しけん」と「しみ」どちら

私見の漢字表記を目にした人の中には思わず、しみと読んでしまう人もいるものです。

確かに私の漢字には単体で、しという読みがあるし、後に続く見の漢字も、見るといった言葉を見れば分かる様に、みという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合体させる事で、私見を、しみと読んでしまうのです。

所が私見を、しみと読んでしまうのは誤りで、しけんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

私見は、しけんと読むのが正解な言葉です。

というのも私の漢字はそのまま、しと読む事が出来る上に、見の漢字も、み以外にも、意見といった言葉を見れば理解出来る様に、けんという読みを普通に持っています。

以上の事から、私の漢字のし読みと、見の漢字の、けん読みとを組み合わせる事によって、私見の漢字を、しけんと読む事が可能です。

「私見」の意味

私見は、わたしや個人の立場といった意味がある私の漢字に、考えやみかた、といった意味を有する見の漢字を、付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ私見は、自分一人の見解や意見、といった意味を表すのです。

「私見」の言葉の使い方や使われ方

・『今回の問題が生じた原因について、私見を述べさせて貰います』
・『その結論は根拠に乏しく、あなたの私見に過ぎません』
・『私見で良いので、あなたの対処法を教えて下さい』

まとめ

私の漢字には、しという読みがあるし、見の漢字は、みという読みが存在します。

ですがその2つの読みを合わせて、私見を、しみと読むのは間違いです。

私見は、しみではなく、しけんと読むべき言葉となっています。

そんな私見は、自分一人の意見といった意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました