「秘中」の読み方と意味とは?「ひちゅう」と「ひなか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「秘中」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「秘中」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「秘中」の正しい読み方は「ひちゅう」と「ひなか」どちら

「秘中」「ひちゅう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「秘」の音読みは「ひ」、訓読みは「ひ(める)・かく(す) ひそ(か)」「中」の音読みは「ちゅう・じゅう」、訓読みは「なか・あ(たる)・あ(てる)」です。

「秘中」と表記する場合「ひなか」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「秘中」の正しい読み方は「ひちゅう」です。

「ひなか」とは読みません。

「秘中」の意味

「秘中」の意味は、「誰にも教えずにいる自分の胸にある気持ちや意思のこと」です。

大事なことや、自分の意思決定など、人に知られない様に黙っていることを表します。

「秘」「人知を超えて奥深い」「隠して内容が知られないようにする」という意味、「中」「物のまんなか」「ふたつの物の間」から転じて「一定の空間・時間の範囲のうち」という意味、「秘中」「隠して内容が知られない様に、内側にしまっておくこと」、つまり「誰にも言わなずに胸にしまっておくこと」になります。

「秘中」の言葉の使い方や使われ方

「秘中」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『軍の幹部にだけ秘中の作戦内容を伝える』
・『この決定は秘中の秘である故他言してはならない』
・『信頼できる部下に秘中を明かす』

まとめ

今回は「秘中」の読み方について紹介しました。

「秘中」の正しい読み方は「ひちゅう」で、「ひなか」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました