「秘書」の読み方と意味とは?「ひしょ」と「ひか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「秘書」の読み方と意味とは? 読み方

政治家や企業の役員には「秘書」と呼ばれる人がついています。

具体的に何をする人でどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「秘書」の正しい読み方と意味について解説します。

「秘書」の正しい読み方は「ひしょ」と「ひか」どちら

「秘書」という言葉の読み方として考えられるのが「ひしょ」「ひか」の2つです。

「ひしょ」「ひか」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「秘書」の正しい読み方は「ひしょ」です。

「秘」「秘匿」【ひとく】「守秘」【しゅひ】など「ひ」と読みます。

「書」「書類」【しょるい】「文書」【ぶんしょ】など「しょ」と読むほか、「書き方」【かきかた】「物書き」【物書き】など「か」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「ひしょ」「ひか」になりますが「秘書」の正しい読み方は「ひしょ」です。

「秘書」の意味

「秘書」とは、「政治家や企業の幹部など忙しい人について補佐する役職」を指す言葉です。

地位の高い人は重要な仕事を任されますが日々の仕事の中には手続きや連絡の確認など重要ながら本人でなくてもできる雑務がたくさんあります。

手間と時間がかかる雑務を忙しい本人に代わって処理する役職が「秘書」です。

重要な立場にある人をその人にしかできない仕事に専念させるために配置される役職でスケジュール管理や連絡調整、書類作成などさまざまな仕事を処理して業務を補佐します。

「秘書」の言葉の使い方や使われ方

・『役員になったので秘書がついた』
・『スケジュールは秘書が管理している』
・『来客対応も秘書の仕事だ』

まとめ

「秘書」「ひしょ」と読むのが正しく「ひか」は誤った読み方です。

多くの会社で置かれている役職なので正しい読み方と役割を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました