「穀類」の読み方と意味とは?「こくるい」と「がらるい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「穀類」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「穀類」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「穀類」の正しい読み方は「こくるい」と「がらるい」どちら

「穀類」「穀」は、音読みで「コク」、訓読みはありません。

また「類」は、音読みで「ルイ」、訓読みで「たぐい」「たぐ(い)」などとなります。

「穀」「類」を音読みにすると、「こくるい」と読むことができます。

一方、「穀」「がら」とは読まないので、「がらるい」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「穀類」の正しい読み方は「こくるい」です。

「穀」「こく」とは読めますが、「がら」とは読みません。

「がら」を表す漢字には「殻」がありますが、「穀」とは意味が異なります。

「穀類」「がらるい」ではなく、「こくるい」と読むようにしましょう。

「穀類」の意味

「穀類」とは、穀物のたぐいで、米、麦、トウモロコシなどの種子のことを言います。

「穀類」「穀」は、「こくもつ」「こくるい」「よい」「めでたい」などを意味しています。

また「類」は、「たぐい」「にる」「おおむね」などを表しています。

そのため、「穀類」は漢字の意味から見ると、「穀物の類」と言う意味合いになります。

「穀類」の言葉の使い方や使われ方

・『主食となる穀類は国や地域によって異なります』
・『穀類はイネ科だけではなく、マメ科も含まれる場合があります』
・『穀類には炭水化物が多く含まれています』

まとめ

「穀類」と関連した語としては、「穀物類」「穀物」「雑穀」、あるいは「疑似穀類」などが挙げられます。

「疑似穀類」とは、双子葉植物の種子のことを指し、「ソバ」「キヌア」などがあります。

「穀類」「がらるい」ではなく、「こくるい」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました