「策略」の読み方と意味とは?「さくりゃく」と「さくり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「策略」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「策略」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「策略」の正しい読み方は「さくりゃく」と「さくり」どちら

「策略」「さくりゃく」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「策」の音読みは「さく」、訓読みは「はかりごと・むち・つえ・ふだ」「略」の音読みは「りゃく」、訓読みは「はか(る)・はかりごと・おか(す)・はぶ(く)・ほぼ・おさ(める)」で、「さくり」という読み方はしません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「策略」の正しい読み方は「さくりゃく」です。

「さくり」とは読みません。

「策略」の意味

「策略」の意味は、「自分の目的を達成するために、相手をおとしいれる様たくらむこと」です。

自分の思い通りにする為に、相手を不利にさせたり、失敗させたりする為の計画で、よくない意味で使われます。

「策」「はかりごと」「計画を立てること」という意味、「略」「田畑を整理してあぜ道を作る」という意味の会意形成文字、転じて「筋道を通す」「近道で横切る」「手間を省く」「他人の領分に踏み込み奪い取る」という意味、「策略」で、「他人の領分に踏み込みおとしいれるためのはかりごと」になります。

「策略」の言葉の使い方や使われ方

「策略」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼は策略家なので注意が必要だ』
・『うっかりOKして相手の策略にひっかかる』
・『何とかして相手をあきらめさせる様に策略をめぐらす』

まとめ

今回は「策略」の読み方について紹介しました。

「策略」の正しい読み方は「さくりゃく」で、「さくり」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました