「算段」の読み方と意味とは?「さんだん」と「さんたん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「算段」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「算段」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「算段」の正しい読み方は「さんだん」と「さんたん」どちら

「算段」「さんだん」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「算」の音読みは「さん」、訓読みは「かぞ(える)・かず」「段」の音読みは「だん・たん」、訓読みは「きざはし」です。

「算段」と表記する場合「さんたん」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「算段」の正しい読み方は「さんだん」です。

「さんたん」とは読みません。

「算段」の意味

「算段」の意味は「苦労して良い方法ややり方を考え出すこと」「あれこれ工夫して、金銭の都合をつけること」です。

「算」「数える」から転じて「見込みをはかる」という意味、「段」「上り下りできる様にした板の台」から転じて「手だて・やり方」という意味、「算段」「見込みのある手だてややり方をはかること」になります。

相手をだましたり、おとしいれたりするなどの悪い意味はなく、自分であれこれ工夫して最も良い方法を考えることに使われます。

「算段」の言葉の使い方や使われ方

「算段」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『何とか今月2万円で暮らせる方法を算段する』
・『イベントへの寄付がより多く集まるやり方を算段する』
・『相手に協力したいと思わせる方法を算段する』

まとめ

今回は「算段」の読み方について紹介しました。

「算段」の正しい読み方は「さんだん」で、「さんたん」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました