「管制」の読み方と意味とは?「かんせい」と「すがせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「管制」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「管制」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「管制」の正しい読み方は「かんせい」と「すがせい」どちら

「管制」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の読みを確認します。

まず「管」の漢字の音読みは「カン」で、訓読みは「すげ・すが」です。

また、「制」の漢字の音読みは「セイ」で、訓読みは「おさ(える)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「かんせい」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「すがせい」と読める可能性があることも分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、この分析から判断することは出来ません。

さて、「管制」の正しい読み方は「かんせい」「すがせい」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

「管制」の正しい読み方は「かんせい」で、「すがせい」と読むのは間違いです。

この熟語では、少し特殊と言える湯桶読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方が正しいと言うことになります。

ちなみに、「管」の漢字を使った熟語で、訓読みの「すげ」と読ませる熟語には「菅笠(すげがさ)」がありますが、「すが」と読ませる熟語は、辞書で調べても見当たりませんでした。

「管制」の意味

「管制」とは「 国家や特定の機関が、必要に応じてある事柄を強制的に管理し、制限すること」を意味します。

その代表例として、「空港で、航空機と交信しながら離着陸などの指示をすること」の意味もあります。

「管制」の言葉の使い方や使われ方

・『空港での航空機の管制を行う人は管制官と呼ばれています』
・『誘拐事件等では、誘拐された人の安全を守るために、警察とマスコミ機関との間で、報道管制が敷かれることがあります』

まとめ

「管制」の正しい読み方は「かんせい」で、「すがせい」と読むのは間違いです。

また、この「管制」とは「 国家や特定の機関が、必要に応じてある事柄を強制的に管理し、制限すること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました