「簡便」の読み方と意味とは?「かんべん」と「かんびん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「簡便」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「簡便」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「簡便」の正しい読み方は「かんべん」と「かんびん」どちら

「簡便」の読み方として予想できるものに、「かんべん」「かんびん」があります。

「かんべん」「かんびん」の二つの読み方のうち、「簡便」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「簡便」の正しい読み方の結論は、「かんべん」が正しい読み方になります。

「簡便」の名詞で使われている「便」という漢字の音読みは「ベン・ビン」、訓読みは「たより」です。

ただし「簡便」という言葉では「ビン」ではなく「ビン」の読み方が採用され、「かんべん」と読みます。

そのため、「簡便」「かんびん」と読むのは、明らかな読み間違えということになってしまうのです。

「簡便」の意味

「簡便」の言葉は、「簡単で便利なさま」を意味しています。

「簡便」というのは、「手軽であるが役に立つこと」を示している言葉なのです。

「簡便」の言葉が持っている意味は、「手っ取り早くて簡単なさま」になります。

「簡便」「手間や時間がかからないのに便利である」といったニュアンスを帯びているのです。

「簡便」の言葉の使い方や使われ方

「簡便」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『異性関係が複雑にこじれてしまうと、簡便な解決方法がないということは分かっているのです』
・『アイゼンやアックスを持たずに簡便な登山道具だけで登るには、真冬の3000メートル峰は危険過ぎます』
・『iDやQUICPayのような読み取り機にかざすだけのタッチ決済は、キャッシュレス決済の中でも特に簡便な方法です』

まとめ

この記事では、「簡便」の正しい読み方「かんべん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「簡便」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました