「簡単」の読み方と意味とは?「かんたん」と「かんとん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「簡単」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「簡単」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「簡単」の正しい読み方は「かんたん」と「かんとん」どちら

「簡単」「簡」は、音読みで「カン」「ケン」、訓読みで「えら(ぶ)」「ふだ」と読みます。

また「単」は、音読みで「タン」「ゼン」、訓読みで「ひとえ」「ひと(つ)」となります。

「簡」「単」を音読みにすると、「かんたん」と読むことができます。

しかし、「単」「とん」とは読まないので、「かんとん」の読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「簡単」の正しい読み方は「かんたん」です。

「単」「たん」とは読めますが、「とん」とは読みません。

「簡単」「かんとん」ではなく、「かんたん」と読むようにしましょう。

「簡単」の意味

「簡単」とは、物事を行うのに手間がかからない様子を言います。

あるいは、物事が込み入ってないさまを意味しています。

「簡単」「簡」は、「ふだ」「手紙」「手軽な」などを意味しています。

また「単」は、「ひとつ」「ひとえ」「まじりけがない」「札」などを表しています。

紙に書く「手紙」以前は、竹や木に文字を書いていました。

そのため、余計なことを書けないことから、「簡単」などの言葉が生まれたとも言われています。

「簡単」の言葉の使い方や使われ方

・『コツを掴んだら、簡単にでるようになりました』
・『このことに関しては、それほど簡単な話ではないようです』
・『言うだけなら簡単ですが、実際にやるとなると手間がかかるものです』

まとめ

「簡単」と関連した語としては、「容易」「簡略」「単純」「易しい」、あるいは「単純」などが挙げられます。

「簡単」「かんとん」ではなく、「かんたん」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました