「系列」の読み方と意味とは?「けいれつ」と「すじれつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「系列」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「系列」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「系列」の正しい読み方は「けいれつ」と「すじれつ」どちら

「系列」の読み方として予測できるものに、「けいれつ」「すじれつ」があります。

「けいれつ」「すじれつ」の二つの読み方のうち、「系列」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「系列」の正しい読み方の結論は、「けいれつ」が正しい読み方になります。

「系列」の名詞で使用されている「系」という漢字の訓読み(常用漢字表外の読み方)は「すじ・つなぐ」、音読みは「ケイ」です。

ただし「系列」においては音読みの「ケイ」が採用されて「けいれつ」と読みます。

そのため、「系列」「すじれつ」と読むのは明らかな誤読なのです。

また「すじれつ」という日本語自体が存在せず、国語辞典にも項目がありません。

「系列」の意味

「系列」の意味は、「一定のルールや基準に従って系統的に並べられた物事・数字」を意味しています。

「系列」の言葉には、「物事・数字などを何らかのルールに従って並べたり分類したりした場合の配列」の意味があります。

「系列」の別の意味として、「資本・経営陣・技術基盤・生産システムなどで深いつながりのある企業間の結合形態」もあります。

「系列」の言葉の使い方や使われ方

「系列」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『源氏物語は日本最古の恋愛小説の系列に分類することもできますが、現代から見ても複雑な心理描写がなされています』
・『この新種のウイルスの毒性は不明な点が多いのですが、どの系列に属しているのかの解析を進めています』
・『旧財閥の系列に属す会社が倒産するなどということは、昭和の時代には想定すらされていませんでした』

まとめ

この記事では、「系列」の正しい読み方「けいれつ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「系列」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました