「系図」の読み方と意味とは?「けいず」と「けいと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「系図」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「系図」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「系図」の正しい読み方は「けいず」と「けいと」どちら

「系図」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「系」の漢字の音読みは「ケイ」で、訓読みは「つな(ぐ)・すじ」です。

また、「図」の漢字の音読みは「ズ・ト」で、訓読みは「はか(る)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「けいず」「けいと」のいずれとも読めることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかを判断することは出来ません。

さて、「系図」の正しい読み方は「けいず」「けいと」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「系図」の正しい読み方は「けいず」で、「けいと」と読むのは間違いです。

二つの音読みがあり、熟語での読みがいずれが正しいかを判断することは非常に難しく、推察する手段もなく覚える以外方法がないと言えます。

「系図」の意味

「系図」とは、「先祖から現在の子孫に至る、一族の系統を書き記した表のこと」を意味する言葉です。

系譜や家系図と同義です。

「系図」の言葉の使い方や使われ方

・『あの旧家は、かつては武家であり、江戸時代からの系図が残されています』
・『彼は室町時代から系図が明らかな名家の一族だと、何かにつけて自慢げに話しま、相手を見下します』
・『彼は有名人の系図を辿るテレビ番組の影響を受けて、自分の家系図を作成しようとしています』

まとめ

「系図」の正しい読み方は「けいず」で、「けいと」と読むのは間違いです。

また、この「系図」とは、「先祖から現在の子孫に至る、一族の系統を書き記した表のこと」を意味する言葉です。

系譜や家系図と同義です。

タイトルとURLをコピーしました