「紅茶」の読み方と意味とは?「こうちゃ」と「べにちゃ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「紅茶」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「紅茶」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「紅茶」の正しい読み方は「」こうちゃと「べにちゃ」どちら

紅茶の漢字表記を目にした人の中には思わず、べにちゃと読んでしまう人もいたりするのです。

確かに紅の漢字は、口紅といった言葉を見れば分かる様に、べにという読みがあるし、後ろの茶も単体で、ちゃという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合わせて、紅茶を、べにちゃと読んでしまうのです。

所が残念ながら紅茶を、べにちゃと読むのは一般的ではなく、こうちゃと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

紅茶は、こうちゃと読むのが正解な言葉です。

というのも紅の漢字は、べにという読みの他に、こうという読みを持っている上に、後に続く茶の漢字はそのまま、ちゃと読む事が出来ます。

以上の事から紅茶は、紅のこう読みと、茶のちゃ読みを組み合わせる事により、こうちゃと読む事が可能です。

「紅茶」の意味

紅茶は、くれないやべにといった意味の紅の漢字に、ちゃの葉を飲料に加工したものといった意味を有する茶の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ紅茶は、茶の若葉を摘んで、低温で長く発酵させた上で、乾燥させたものを表すのです。

「紅茶」の言葉の使い方や使われ方

・『私は毎朝、コーヒーではなく紅茶を飲んでいます』
・『彼女はケーキと紅茶のセットを注文しました』
・『彼はかなりの猫舌らしく、紅茶は冷まさないと飲めないそうです』

まとめ

紅の漢字は、べにという読みがあるし、茶の漢字には、ちゃという読みが存在します。

ですがそれら2つの漢字の読みを合わせて、紅茶を、べにちゃと読むのは一般的ではありません。

紅茶は、べにちゃではなく、こうちゃと読むべき言葉です。

更にそんな紅茶は、茶の若葉を低温で長く発酵させて乾燥させたものを示す際に、用いる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました