「納品」の読み方と意味とは?「のうひん」と「のうしな」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「納品」の読み方と意味とは? 読み方

「納品」とは何を意味しどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「納品」の正しい読み方と意味について解説します。

「納品」の正しい読み方は「のうひん」と「のうしな」どちら

「納品」という言葉の読み方として思い当たるのは「のうひん」「のうしな」の2つです。

「のうひん」「のうしな」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「納品」の正しい読み方は「のうひん」です。

「納」「納刀」【のうとう】「奉納」【ほうのう】など「のう」と読みます。

「品」「品位」【ひんい】「気品」【きひん】など「ひん」と読むほか、「品物」【しなもの】「粗品」【そしな】など「しな」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「のうひん」「のうしな」のうち「納品」の正しい読み方は「のうひん」です。

「納品」の意味

「納品」とは、「品物を受け取り相手に引き渡すこと」を意味する言葉です。

注文された品物を注文通りそろえて相手に引き渡すことを指します。

一般的には発注を受けた企業が発注に従い指定された品物を引き渡す行為を指す言葉です。

取り寄せて準備した商品や自社で作り上げた製品など品物に対して用いる表現で金銭を納める行為に対しては使いません。

企業が直接治める行為以外に品物を預かって運ぶ運送業者が指定通りに品物を運んで納める行為も「納品」に含まれます。

「納品」の言葉の使い方や使われ方

・『用意した品物を納品する』
・『納品前に最終チェックする』
・『納品された商品の中に不良品が紛れていた』

まとめ

「納品」の正しい読み方は「のうひん」「のうしな」は誤りです。

ビジネス業界では頻繁に使う言葉なので正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました