「純一」の読み方と意味とは?「じゅんいつ」と「じゅんいち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「純一」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「純一」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「純一」の正しい読み方は「じゅんいつ」と「じゅんいち」どちら

「純」という漢字は訓読みでは「きいと」と読み、音読みでは「じゅん」と読みます。

そして、「一」という漢字は訓読みでは「一(ひと)つ」「ひと」「一(はじ)め」と読み、音読みでは「いち」「いつ」と読みます。

「純一」には主に2つの読み方があり、1つ目は「純」「一」それぞれに音読みを当て、「じゅんいつ」とする読み方。

そして、2つ目も同じく、それぞれに音読みを当て、「じゅんいち」とする読み方です。

正しい読み方の結論

「純一」「じゅんいつ」とも「じゅんいち」とも読むことができます。

「純一」の意味

「純一(じゅんいつ)」とは、「まじり気や飾り気、嘘偽りがないことやそのさま」を意味する言葉です。

「純一」の類義語には「純粋」「純正」「純良」「至純」「無垢」「プレーン」などがあります。

そして、「純一(じゅんいち)」は人の名前として用いられています。

「石田純一」俳優、タレント。

「高野純一」サッカー選手。

「田澤純一」野球選手。

「坂本純一」お笑い芸人。

「宮下純一」競泳選手。

「加藤純一」ゲーム実況者。

「純一」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は純一(じゅんいつ)な性格であることから、誰からも好かれている』
・『彼女は自分の子供たちに純一(じゅんいつ)の愛を注いだ』
・『両親は、息子に尊敬する人物の名前から純一(じゅんいち)と名付けた』

まとめ

「純一」「じゅんいつ」とも「じゅんいち」とも読むことができます。

「純一(じゅんいつ)」とは、「まじり気や飾り気、?偽りがないことやそのさま」を意味する言葉です。

「純一(じゅんいち)」は人の名前として用いられています。

タイトルとURLをコピーしました