「純正」の読み方と意味とは?「じゅんせい」と「きただ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「純正」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「純正」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「純正」の正しい読み方は「じゅんせい」と「きただ」どちら

純正の漢字表記を目にした人の中には何となく、きただと読んでしまう人がいるものです。

ただし後ろの正の漢字は、正しいという言葉を見れば分かる様に、ただという読みがありますが、前の純の漢字には、きという読みはありません。

そのため純正の漢字は、きただと読む事さえ出来ないので、この様な読み方をしてしまうのは誤りです。

純正は、きただではなく、じゅんせいと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

純正は、じゅんせいと読むのが正解な言葉です。

というのも純の漢字は、純粋といった言葉に使われる様に、じゅんという読みがある上に、正の漢字も、ただの他に、正解という言葉の様に、せいという読みが存在しています。

以上の事から、純の漢字のじゅん読みと、正の漢字のせい読みとを組み合わせる事で、純正の漢字は、じゅんせいと読む事が出来るのです。

「純正」の意味

純正は、混じりけがないといった意味を持つ純の漢字に、ただしい事や偽りがない等の意味を有する正の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ純正は、純粋で正しい事や、応用とか実利に及ばずに理論を主とする事といった意味を表すのです。

「純正」の言葉の使い方や使われ方

・『これは間違いなく純正品なので、安心して使用出来ます』
・『純正品と同じ成分を使用しているので問題ないです』
・『価格の安さに拘る彼は、純正品ではなく互換品のトナーカードリッジを好んで使用しています』

まとめ

純の漢字には、きという読みはないため、純正を、きただと読む事さえ出来ません。

純正の漢字は、きただではなく、じゅんせいと読むべき言葉となっています。

そんな純正は主に、混じり気がなく本来のものであるという意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました