「純金」の読み方と意味とは?「じゅんきん」と「じゅんがね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「純金」の読み方と意味とは? 読み方

時代を超えて人の心を惹きつける魅惑的な金属といえば「純金」です。

この言葉はどう読むのが正しく具体的にどのような金属を指すのでしょうか。

今回は、「純金」の正しい読み方と意味について解説します。

「純金」の正しい読み方は「じゅんきん」と「じゅんがね」どちら

「純金」という言葉の読み方としては「じゅんきん」「じゅんがね」が考えられます。

「じゅんきん」「じゅんがね」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「純金」の正しい読み方は「じゅんきん」です。

「純」「純朴」【じゅんぼく】「不純」【ふじゅん】など「じゅん」と読みます。

「金」「金塊」【きんかい】「前金」【まえきん】など「きん」と読むほか、「地金」【じがね】「贋金」【にせがね】など「がね」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「じゅんきん」「じゅんがね」のうち「純金」の正しい読み方は「じゅんきん」です。

「純金」の意味

「純金」とは、「混じりけのない純粋な金」を指す言葉です。

原子番号17番の元素からなる金属を「金」といいます。

金は歴史的に高い価値が認められている金属で通貨や宝飾品など価値があるものに使用されています。

金は他の金属と混ぜ合わせた合金としても使われますが、何も混ぜられていない純粋な金が「純金」です。

一般的に24金と呼ばれる金が「純金」に当たります。

「純金」の言葉の使い方や使われ方

・『純金で作られたネックレス』
・『純金は柔らかいので噛むと歯型が残る』
・『純金の価格は世界中の市場取引で決定する』

まとめ

「純金」の正しい読み方は「じゅんきん」「じゅんがね」と読むのは間違いです。

同じ金でも混ぜものがあるかないかで価値は大きく変わるので、言葉の正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました