「紙背」の読み方と意味とは?「しはい」と「かみぜ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「紙背」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「紙背」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「紙背」の正しい読み方は「しはい」と「かみぜ」どちら

「紙背」は、一見「しはい」とも「かみぜ」とも読めそうですが、どちらが正しい読み方になるのでしょうか。

正しい読み方の結論

「紙背」の正しい読み方は「しはい」です。

「しはい」「紙」「背」を音読み同士で組み合わせて読んだものです。

訓読みで「紙」「かみ」「背」「せ」と読みますが「紙背」を訓読みにして「かみぜ」と読むことはありません。

「紙背」の意味

「紙背」は、読んで字のごとく「紙の背面」を表しており「紙の裏側」という意味を持ちます。

また「表面上の文字や文章には示されていない深い意味」という意味でも用いられています。

漢字の「紙」「用紙」を表すほか「文書」も意味します。

また「背」「背中」「ものの裏側」を表し「裏に隠れて見えない部分」といったニュアンスも持ちます。

「紙背」は単純に「紙の裏側」を表すほか「文書の見えない部分に隠れているもの」つまり「表面上の文字や文書の背後にある本当の意味」を表す言葉になっているのです。

一般に「文章に隠された深い意味」を表す時に使われ、しばしば「眼光紙背に徹す」(がんこうしはいにてっす)という慣用句としても用いられます。

これは「鋭い読解力で文に隠された深い意味を読み取ること」を表します。

「紙背」の言葉の使い方や使われ方

・『筆者の想いを紙背から読み解く』
・『眼光紙背に徹し、短いメッセージに隠された深意を探り出す』
・『絵画の紙背に作者のサインを見つけた』

まとめ

「紙背」は紙の裏側や「表面上の文字や文章には示されていない深い意味」を表す言葉で「しはい」と読みます。

少し難しい言葉なので、初めて見たときには読み方に戸惑うかもしれません。

「かみぜ」は読み間違いになるので、正しい読み方と意味を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました